StellaS

株式会社ステラス(以下、当社という。)は、多くの情報を取扱う情報サービス企業として、高度情報通信社会における情報の安全管理を重要な社会的責任であると認識し、個人情報保護を企業活動における最優先事項の一つとして位置づけています。また、これを確実に実践していくために以下の通り個人情報保護方針を定め、役員及び従業員(以下、従業者という。)はこの方針に従い個人情報の適切な取扱い及び管理に努めます。
また、特定個人情報(個人番号をその内容に含む個人情報)についても、この個人情報保護方針の対象とする。

1.個人情報の取得、利用及び提供
個人情報の取得、利用及び提供にあたっては、その利用目的を明らかにした上で、事業の内容及び規模を考慮し適切に管理する社内規程に従い取扱います。また、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)を行わない、及びそのための措置を講じます。
2.本人の権利の尊重
個人情報に関する本人の権利(従業者の権利を含む)を尊重し、当社の保有する個人情報について、利用目的の通知、開示、内容が事実でないという理由による訂正等、及び利用停止等の要求があった場合、並びに、個人情報の取扱いに関する苦情・相談があった場合には、法令等及び社内規程に従い、合理的な期間、妥当な範囲でこれに応じます。
3.個人情報の安全対策
個人情報の正確性及び安全性を確保するため、情報セキュリティ対策及び管理組織体制の両面から合理的な安全対策を講じて、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損、関連する法令、国が定める指針その他の規範に対する違反、想定される経済的な不利益及び社会的な信用の失墜、本人への影響等のおそれを認識、分析し、必要な対策(予防処置等安全管理措置)を講じます。万一、おそれの発生時には速やかな是正処置を実施します。
4.法令等の遵守
個人情報の取扱いに関して、個人情報の保護に関する法律、情報サービス産業個人情報保護ガイドライン、当該個人情報の保護に適用される法令、国が定める指針及びその他の規範(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律及び特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドラインを含む)を遵守します。
5.継続的改善
個人情報の取扱いの仕組み(個人情報保護マネジメントシステム)を継続的に改善するための活動を推進します。

制定:2008年12月21日
最終改定日:2018年10月1日
株式会社ステラス
代表取締役社長 山本 徹